第244回自然言語処理研究会 参加募集

●日程: 2020年7月3日(金) (1日のみの開催に変更しました)

●会場: オンライン (Zoom, 12:45頃~)

●参加申込:

参加を希望される方は情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能).非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,会場のURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

●参加費:
NL研究会登録者:無料
情報処理学会ジュニア会員:無料
情報処理学会正会員、賛助会員、名誉会員:1,500円
情報処理学会学生会員:500円
情報処理学会非会員(一般):2,500円
情報処理学会非会員(学生):2,500円

●問い合わせ先:
笹野遼平 (名古屋大学, sasano(at)i.nagoya-u.ac.jp)

===========
7月3日(金) 発表6件
[13:00-14:30] 対話・議論 (3件)
[14:30-14:45] 休憩
[14:45-16:15] 埋め込み表現・推論 (3件)
[16:15-16:20] クロージング

若手奨励賞の対象者には著者名の前に「〇」を付けています.

7月3日(金) 発表6件
[13:00-14:30] 対話・議論 (3件)

(1)  自動対話システムの不適切発話の分析とその回避

〇 新 隼人 (京都大学), 坂田 亘 (LINE株式会社), 田中 リベカ, 黒橋 禎夫 (京都大学)

タスク志向の自動対話システムであってもユーザが雑談のような発話を入力することは少なくない。特に自治体などが運営する公的な対話システムにおいては、それに対して不適切な応答を行わないようにすることは重要である。本研究では、実サービスのクエリログおよびクラウドソーシングで集めたデータを利用して、対話システムの不適切発話の調査を行った。調査を基に不適切発話を「品行方正でない発話」、「システムの設定を逸脱した内容の発話」の2つに分類し、それらに対するフィルタリング手法を提案した。さらに、Twitterから収集したデータにフィルタリングを適用し、得られたデータで対話システムを学習した。その結果、ベースラインに比べて品行方正でない発話が減少し、システムの設定の逸脱も見られなくなった。

(2) Graph Attention NetworkによるArgumentationのコンポーネント分類

〇 鈴木 祥太, 伊藤 孝行 (名古屋工業大学)

議論マイニングはArgumentationを解析し,その構造を特定することを目的とする.議論マイニングにおいて,コンポーネント分類は重要な課題である.コンポーネント分類を行うため,既存の手法は,複雑な議論構造をベクトルのような簡単な表現の特徴量に変換する.しかしながら,これらの特徴量に基づく手法では,複雑な構造を扱う上で貴重な情報が失われると考えられる.この問題を解決するため,本稿では,議論構造を直接的に学習することで,コンポーネント分類を行う手法を提案する.議論構造を直接的に学習するために,提案手法はGraph Attention Networkを用いる.提案手法を評価するため,評論のコーパスを用いて実験を行った.実験の結果,提案手法は既存の特徴量に基づく手法よりも正確にコンポーネント分類を行うことが示された.

(3) 対話によって曖昧性解消を行う質問応答

〇 中野 佑哉 (奈良先端科学技術大学院大学/理化学研究所), 河野 誠也 (奈良先端科学技術大学院大学), 吉野 幸一郎, 中村 哲 (奈良先端科学技術大学院大学/理化学研究所)

質問応答とは,与えられた質問に対し適切な答えを見つけて提示するタスクであり,機械読解や対話システムなど様々な応用を構成する重要な基本タスクの一つである.これまでの質問応答システムの研究は様々な問題を解決し,いくつかのベンチマークで高い精度を実現してきた.しかしながら,質問応答システムを実際に利用する場合,様々な課題が残されている.その中の一つに,質問応答システムに対するユーザ発話の曖昧性がある.本論文では,解答が一意に定まらない曖昧な質問文に対し,問い返しを行うことによって質問文の意味を一意に定めることを目的とする新たな質問応答タスクを設定した.その上で,この問題のベンチマークとなる質問応答データセットを既存の質問応答タスク向け大規模データセットから変換することにより作成した.また,作成したデータセットに対して既存モデルを用いた際の精度評価実験を行い,どのような問題が存在するか議論した.

[14:45-16:15] 埋め込み表現・推論 (3件)

(4) BERTの教師無しデータへの適用

築地 毅, 鈴木 晴也, 柴原 一友, 藤本 浩司 (テンソル・コンサルティング株式会社), 池田 龍司, 尾﨑 和基, 森田 克明, 松原 敬信 (三菱重工業株式会社)

本稿では,BERTを利用した教師無しデータへの適用について論ずる.近年ディープラーニングの技術が確立し始めており,特に画像認識分野において,既存の技術では困難だった特徴の自動抽出を実現したことにより,非常に高い精度を上げるようになってきている.自然言語処理においてもディープラーニングの研究は広く行われているが,近年Googleにより発表されたBERTの功績は大きく,教師あり学習のタスクに対して,既存の成果を大きく上回る成果を上げている.本稿では,教師あり学習の精度を大きく高めたBERTを教師無しデータに適用することで,既存手法の性能向上につながる可能性があるという仮説を主張する.本稿では,特許文書を対象に,教師あり学習を行わずに特許の類似性を図る実験を行った.実験の結果,人手で付与した特許分類フラグに対し61.9%の正解率となり,BERTを活用することで教師データを与えずとも,特許の類似度を表現できることを示した.

(5) フレーム知識の自動獲得に向けた文脈化単語埋め込みの有用性の検証

〇 山田 康輔 (名古屋大学), 笹野 遼平 (名古屋大学/理化学研究所), 武田 浩一 (名古屋大学)

本研究では,大規模コーパスからのフレーム知識獲得において,コーパスから収集された動詞の文脈を考慮することの有用性を検証する.具体的には,FrameNetおよびPropBankにおいて2種類以上のフレームを喚起する動詞に着目し,それらの動詞が喚起するフレームの違いをELMoやBERTに代表される文脈化単語埋め込みがどのくらい捉えているかを,各用例の文脈化単語埋め込みのクラスタリング結果とそれらに付与されたフレームを比較することにより調査する.

(6) 機械翻訳を用いた自然言語推論データセットの多言語化

〇 吉越 卓見, 黒橋 禎夫, 河原 大輔 (京都大学)

言語を理解するには、字義通りの意味を捉えるだけでなく、それが含意する意味を推論することが不可欠である。このような推論能力を計算機に与えるために、自然言語推論(NLI)の研究が盛んに行われている。NLIは、前提が与えられたときに、仮説が成立する(含意)、成立しない(矛盾)、判別できない(中立)かどうかを判断するタスクある。自然言語推論を計算機で解くには数十万規模のデータセットが必要となるが、これまでに構築された自然言語推論データセットは言語間でその規模に大きな隔たりがある。この状況は、自然言語推論の研究の進展を妨げる要因となっている。このような背景から、本研究では、機械翻訳にもとづく、安価かつ高速な自然言語推論データセットの構築手法を提案する。提案する構築手法は二つのステップからなる。まず、既存の大規模な自然言語推論データセットを機械翻訳によって目的の言語に変換する。次に、翻訳によって生じるノイズを軽減するため、フィルタリングを行う。フィルタリングの方法として、評価データと学習データに対し、それぞれ別のアプローチをとる。評価データは、正確さが重要となるため、クラウドソーシングを用い、人手で検証する。学習データは、大規模な自然言語推論データセットでは数十万の規模の問題が存在するため、翻訳文の検証を自動的に行い、効率的にデータをフィルタリングする。本研究では、機械翻訳を用いた逆翻訳による手法と、言語モデルによる手法の二つを提案する。本研究では、SNLIを翻訳対象とし、日本語を対象言語として実験を行った。その結果、評価データが3,917ペア、学習データが53万ペアで、自然言語推論モデルの精度が93.0%の自然言語推論データセットを構築した。
===========

●研究会幹事団
主査:
 関根 聡     理化学研究所
幹事:
 内海 慶     株式会社デンソーアイティーラボラトリ
 木村 泰知    小樽商科大学
 古宮 嘉那子   茨城大学
 笹野 遼平    名古屋大学
 進藤 裕之    奈良先端科学技術大学院大学
 横野 光     株式会社富士通研究所
運営委員:
 石垣 達也    産業技術総合研究所
 内田 ゆず    北海学園大学
 江原 遥     静岡理工科大学
 大内 啓樹    理化学研究所/東北大学
 亀甲 博貴    京都大学
 小林 暁雄    農業・食品産業技術総合研究機構
 斉藤 いつみ   日本電信電話株式会社
 佐々木 稔    茨城大学
 須藤 克仁    奈良先端科学技術大学院大学
 田村 晃裕    同志社大学
 成松 宏美    日本電信電話株式会社
 西田 京介    日本電信電話株式会社
 羽鳥 潤     株式会社 Preferred Networks
 増村 亮     日本電信電話株式会社
 松林 優一郎   東北大学
 馬緤 美穂    ヤフー株式会社
 水本 智也    フューチャー株式会社
 三輪 誠     豊田工業大学
 森田 一     株式会社富士通研究所
 谷中 瞳     理化学研究所
 吉川 克正    株式会社コトバデザイン
 鷲尾 光樹    東京大学
———————–

第244回自然言語処理研究会 発表募集

情報処理学会 第244回自然言語処理研究会 発表募集
https://nl-ipsj.or.jp

●日程: 2020年7月3日(金),4日(土)

●会場: オンライン (ビデオ会議システムとしてZoomを利用予定)

●発表申込締切: 2020年6月4日(木) 5月28日(木)
●原稿締切: 2020年6月11日(木) ※厳守

●原稿ページ数:2ページ以上
電子化にともないページ数に上限はありません.
※ ただし20ページを越える場合は事前にご連絡ください.

●発表時間予定: 一般講演形式 1件30分 (発表20分、質疑10分)

※ 発表時間の調整について
従来の一般講演形式(発表20分,質疑10分)に加えてショート形式(発表10分,
質疑10分),討議形式(発表10分,質疑討論20分)など,発表者からの要望
に応じて発表の合計時間を調整します.アイデアレベルの研究
の紹介や,研究の詳細まで話したいので時間がほしい,などの要求を発表
申込の備考欄にご記入いただければ,それらを考慮してプログラムを作成
します.ぜひご活用ください.

●優秀研究賞
研究会に投稿された予稿の中から特に優れたものを優秀研究賞として表彰
する予定です.

●発表申込先: 下記専用サイトよりお申込みください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/NL/
(研究会ホームページからもアクセスできます)

●問い合わせ先:
笹野遼平(名古屋大学)
E-mail: sasano (at) i.nagoya-u.ac.jp

●今後の予定
第245回研究会 2020年8~9月頃予定

★研究報告のペーパーレス化
本研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告の配布を行い
ません.また,特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間
早まりますので,ご留意ください.

※自然言語処理研究会に登録されている方
研究報告は研究発表会の1週間前に電子図書館と当日閲覧用サイトで公開
します.

情報処理学会電子図書館(情報学広場)
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/ (ユーザ登録が必要です)
当日閲覧用サイト
http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/

※自然言語処理研究会に登録されていない方
当日閲覧用サイトにアクセスできるようにいたします.
なお,当研究会にご登録頂くことで,
本研究会の資料をバックナンバーも含めて電子図書館で購読できます.
登録されていない方は,是非この機会に研究会に登録してください
(登録まで最大3日かかりますのでご留意ください).

★研究会への登録をお勧めします
年に2回以上の参加を見込まれる方は,研究会に登録される方が(ほぼ)
お得になります.研究会登録は以下のウェブサイトから行えます.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/toroku.html

★受け付けは先着順で行なっております
多数のお申し込みを頂いた場合,次回の研究会にまわって頂くよう
お願いする場合があります.なるべく早めにお申し込み下さい.

★締め切り後の発表キャンセルは原則としてできません
発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合は,至急ご連絡ください.
発表申込後,原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない場合には,幹事団の
判断により発表を取り消しさせていただくこともあります.

★論文提出締切後の原稿差し替えはできません
論文提出締切後は,訂正版のアップロードやウェブ上での配布などの原稿
差し替えは一切できませんので,予めご留意ください.
※正誤表の掲載が可能な場合がありますのでご相談ください.

★研究会幹事団
主査:
 関根 聡     理化学研究所
幹事:
 内海 慶     株式会社デンソーアイティーラボラトリ
 木村 泰知    小樽商科大学
 古宮 嘉那子   茨城大学
 笹野 遼平    名古屋大学
 進藤 裕之    奈良先端科学技術大学院大学
 横野 光     株式会社富士通研究所
運営委員:
 石垣 達也    産業技術総合研究所
 内田 ゆず    北海学園大学
 江原 遥     静岡理工科大学
 大内 啓樹    理化学研究所/東北大学
 亀甲 博貴    京都大学
 小林 暁雄    農業・食品産業技術総合研究機構
 斉藤 いつみ   日本電信電話株式会社
 佐々木 稔    茨城大学
 須藤 克仁    奈良先端科学技術大学院大学
 田村 晃裕    同志社大学
 成松 宏美    日本電信電話株式会社
 西田 京介    日本電信電話株式会社
 羽鳥 潤     株式会社 Preferred Networks
 増村 亮     日本電信電話株式会社
 松林 優一郎   東北大学
 馬緤 美穂    ヤフー株式会社
 水本 智也    フューチャー株式会社
 三輪 誠     豊田工業大学
 森田 一     株式会社富士通研究所
 谷中 瞳     理化学研究所
 吉川 克正    株式会社コトバデザイン
 鷲尾 光樹    東京大学

第6回自然言語処理シンポジウム(第243回自然言語処理研究発表会)参加募集

本シンポジウムは
* 情報処理学会 自然言語処理研究会 (NL)
https://nl-ipsj.or.jp
* 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC)
http://www.ieice.org/~nlc/wiki/wiki.cgi
による合同開催(連催)です.

直後の12月6日に、同一会場で第21回音声言語シンポジウム(SLP、SP)が併催されます.
直前の12月2-3日に、西早稲田キャンパスで第10回対話システムシンポジウム(SLUD)が開催されます.

● 日程: 2019年12月4日(水), 5日(木)

● 会場: NHK放送技術研究所 (〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11)
アクセス: https://www.nhk.or.jp/strl/about/access.html

● 問い合わせ先: 笹野遼平 (名古屋大学, sasano(at)i.nagoya-u.ac.jp)

===============================
プログラム

12月4日(水)
[10:20-10:25] オープニング
[10:25-11:40] 文書分類(3件)
[11:40-13:00] 昼食休憩
[13:00-14:00] 招待講演(1件)
[14:00-14:15] 休憩
[14:15-15:30] 言語処理応用(3件)
[15:30-15:45] 休憩
[15:45-17:00] 埋め込み表現(3件)

12月5日(木)
[10:00-11:40] 対話(4件)
[11:40-13:00] 昼食休憩
[13:00-14:15] 生成/圧縮(3件)
[14:15-14:30] 休憩
[14:30-15:20] 国際会議報告(2件)
[15:20-15:30] クロージング

12月4日(水)
[10:20-10:25] オープニング

[10:25-11:40] 文書分類(3件)
(1) [NLC] メディアの特性によってニュース記事を分類する試み
関喜史(Gunosy)

(2) [NLC] 契約書テキストの特徴分析とその自動分類の試み ~ リーガルテックへの応用に向けて ~
藤井美娜・岩城安浩(GVA TECH)・加藤恒昭(東大)

(3) [NLC] LSTMの前処理としての特徴選択の有効性
古賀詩織・峯恒憲・廣川佐千男(九大)

[11:40-13:00] 昼食休憩

[13:00-14:00] 招待講演(1件)
(4) [NL] [招待講演] 計算モデルを用いた第一言語獲得研究 – 統語的・意味的言語知識の獲得を例に –
折田奈甫(東京理科大)

[14:00-14:15] 休憩

[14:15-15:30] 言語処理応用(3件)
(5) [NL] 固有表現抽出によるブログテキストからの品名・店名抽出
池田流弥・安藤一秋(香川大学)

(6) [NLC] 地域の特有性を考慮した旅行ブログの検出・推薦手法
労瑛瑩・魏逸倫・韓東力(日大)

(7) [NLC] テキストマイニングによる、臨床研究関連法令の特徴と関連性解釈の可能性
大城絢子・植田真一郎(琉球大)

[15:30-15:45] 休憩

[15:45-17:00] 埋め込み表現(3件)
(8) [NL] BERTを利用した文書の特徴ベクトルの作成
田中裕隆・曹類・白静・馬ブン・新納浩幸(茨城大学)

(9) [NL] Encoder-Decoderモデルを用いた対訳コーパスからのマルチリンガル単語分散表現の獲得
和田崇史(奈良先端科学技術大学院大学)・岩田具治(NTTコミュニケーション科学基礎研究所/理化学研究所革新知能統合研究センター)・松本裕治(奈良先端科学技術大学院大学/理化学研究所革新知能統合研究センター)

(10) [NL] 文脈化単語表現空間上の範囲の学習による語の多義性を考慮した頻度計数法
江原遥(静岡理工科大学)

12月5日(木)
[10:00-11:40] 対話(4件)
(11) [NL] 話題展開器を導入した外部知識に基づくニューラル対話モデル
田中涼太・李晃伸(名古屋工業大学)

(12) [NL] 会話情報から複数の発生事象の関係を推定する運行状況案内システムの提案
米原三揮・山上拓見・白木光彦・長谷川敬祐((株)日立製作所)

(13) [NL] 疑似応答を用いた雑談対話システムの自動評価
蔦侑磨・吉永直樹・豊田正史(東京大学)

(14) [NLC] 複数人議論の構造解析に向けた発話間における関係の有無の推定
姫野拓未・嶋田和孝(九工大)

[11:40-13:00] 昼食休憩

[13:00-14:15] 生成/圧縮(3件)
(15) [NL] 個別の発話スタイルを強調する Boosting Framework を用いた感情表現生成
尾関晃英・李晃伸(名古屋工業大学大学院)

(16) [NL] 通販商品を対象としたテレビ60秒広告シナリオの構造分析と自動生成
今頭伸嘉・平良裕汰朗・宮田玲・佐藤理史(名古屋大学)

(17) [NL] 階層的な注意機構に基づき統語的な先読みを行う文抽出手法
上垣外英剛・奥村学(東京工業大学)

[14:15-14:30] 休憩

[14:30-15:20] 国際会議報告(2件)
(18) [NLC] [依頼講演] 国際会議EMNLP2019参加報告
宮﨑太郎(NHK)

(19) [NL] [依頼講演] 国際会議EMNLP2019参加報告
鷲尾光樹(東京大学)

[15:20-15:30] クロージング
===============================

●予稿集
どちらの研究会の予稿集もNL研とNLC研の原稿が含まれます.

●発表時間予定: 一般講演形式 1件25分(発表20分、質疑5分)

●表彰制度
各研究会それぞれに表彰制度が存在します.それぞれの研究会の申し込み
システムで申し込まれたものがその研究会での選考対象となります.
・NL研:研究会に投稿された予稿の中から特に優れたものを優秀研究賞として、また、
筆頭著者が年度開始時点で30歳未満または(社会人博士も含む)学生である発表を対象に
研究会参加者による投票に基づき優れたものを若手奨励賞として表彰する予定です.
・NLC研:本シンポジウムに投稿された予稿は2019年の優秀研究賞・学生
研究賞の選考対象となります.

●参加費について
SPとSLPは連催ですので、申込先または主目的で参加する1つの研究会の参加費を
お支払いください.NLとNLCは連催ですので、申込先または主目的で参加する
1つの研究会の参加費をお支払いください.(SP/SLP)と(NL/NLC)は順に開催される別の研究会です.
両者に参加する場合「SPかSLP」への参加費と「NLかNLC」への参加費がそれぞれ必要です.

●本シンポジウムに関する問い合わせ先:
nl-sympo@pluto.ai.kyutech.ac.jp
以下の4名に届きます.
NL研担当:笹野 遼平(名古屋大学)
NLC研担当:小早川 健(NHK) 東中 竜一郎(NTT) 榊 剛史(ホットリンク)

●今後の予定
・NL研:第244回自然言語処理研究会(2020年5月または6月頃開催予定)
・NLC研:第1回言語処理と非言語処理の融合研究会(仮称、2020年2月東京で開催予定)

NL研究会幹事団
主査:
関根聡  (理研)
幹事:
木村泰知 (小樽商科大学)
笹野遼平 (名古屋大学)
進藤裕之 (奈良先端科学技術大学院大学)
中澤敏明 (東京大学)
西川仁  (東京工業大学)
桝井文人 (北見工業大学)
横野光  (株式会社富士通研究所)
運営委員:
内海慶  (株式会社デンソーアイティーラボラトリ)
内田ゆず (北海学園大学)
江原遥  (静岡理工科大学)
大内啓樹 (理化学研究所/東北大学)
亀甲博貴 (京都大学)
小林暁雄 (理化学研究所)
斉藤いつみ(日本電信電話株式会社)
佐々木稔 (茨城大学)
貞光九月 (フューチャー株式会社)
佐藤敏紀 (Linne株式会社)
須藤克仁 (奈良先端科学技術大学院大学)
土田正明 (株式会社コトバデザイン)
成松宏美 (日本電信電話株式会社)
西田京介 (日本電信電話株式会社)
羽鳥潤  (株式会社 Preferred Networks)
牧野拓哉 (株式会社富士通研究所)
増村亮  (日本電信電話株式会社)
馬緤美穂 (ヤフー株式会社)
松林優一郎(東北大学)
三輪誠  (豊田工業大学)
森田一  (株式会社富士通研究所)
谷中瞳  (理化学研究所)
吉川克正 (株式会社コトバデザイン)

NLC研究会幹事団
委員長:
榊剛史  (ホットリンク)
副委員長:
嶋田和孝 (九州工業大学)
吉田光男 (豊橋技術科学大学)
幹事:
渡辺靖彦 (龍谷大学)
東中竜一郎(日本電信電話株式会社)
幹事補佐:
小早川健 (NHK)
坂地泰紀 (東京大学)