情報処理学会 第251回自然言語処理研究会(第23回音声言語シンポジウムおよび第8回自然言語処理シンポジウム) 参加募集

  • 日程: 2021年12月1日(水)-3日(金)
  • 会場: オンライン (zoom)
  • 参加申し込み

参加を希望される方は情報処理学会マイページの「会員メニュー」->「イベント一覧・申込」より参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能).非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.

参加申込をしていただくと,会場のURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.
参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

会サイトの「イベントに参加申込される方へ」もご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/member/event_moshikomi.html

本シンポジウムは

==========================================================

プログラム

12/1 (水)
10:15-10:30 オープニング
10:30-12:00 マルチモーダル
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:00 招待講演1 
14:20-15:50 感情認識・話者認識
16:10-17:40 コンテンツ処理

12/2 (木)
10:30-12:00 言語学習
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:00 招待講演2
14:20-16:20 音声・音響特徴
16:40-18:10 深層学習モデル
19:00-21:00 懇親会

12/3 (金)
10:30-12:00 音声合成
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:20 国際会議報告: INTERSPEECH, EMNLP
14:40-16:40 データ拡張・ラベル付与
16:40-17:00 クロージング

12月1日 (水)

[10:15-10:30] オープニング

[10:30-12:00] マルチモーダル
(1) [NL] 実況における発話ラベル予測
〇上田 佳祐 (産業技術総合研究所 / 東京大学), 石垣 達也 (産業技術総合研究所), 小林 一郎 (産業技術総合研究所 / お茶の水女子大学), 宮尾 祐介 (産業技術総合研究所 / 東京大学), 高村 大也 (産業技術総合研究所)

(2) [SLP] 論理否定を含む質問音声を理解する音声言語獲得エージェント
〇豊田 啓介 (東京工業大学), 木村 友祐 (東京工業大学), 篠崎 隆宏 (東京工業大学)

(3) [NL] 美容品レビューのクリック予測に向けたマルチモーダルデータの利用
〇平尾 礼央 (東京都立大学/株式会社AppBrew), 小町 守 (東京都立大学), 岡 照晃 (東京都立大学)

[12:00-13:00] 昼休憩

[13:00-14:00] 招待講演(IEEE Fellow 記念講演)
(4) [SLP] 遠方マイクで収音した音声を近接マイク品質にする音響信号処理技術
〇中谷 智広 (日本電信電話株式会社)

[14:20-15:40] 話者・感情認識
(5) [SLP] GMM適応に基づく話者認識における混合要素整合の検討 (ショート形式)
○野田 脩介 (関西学院大学理工学部), 川端 豪 (関西学院大学理工学部)

(6) [SLP] クラウドソーシングを用いた結果の検証による話者照合性能の改善
〇井手 悠太 (早稲田大学), 斎藤 奨 (早稲田大学/知能フレームワーク研究所), 中野 鐵兵 (早稲田大学/知能フレームワーク研究所), 小川 哲司 (早稲田大学)

(7) [SLP] Effective integration of transformer for network-based speech emotion recognition
〇何 雨潤 (東京大学), 峯松 信明 (東京大学), 齋藤 大輔 (東京大学)

[16:00-17:30] コンテンツ処理
(8) [NL] 定型表現に着目した情報の抽出・可視化による防災・安全のためのテレビアーカイブアナリティクス
〇片山 紀生 (国立情報学研究所), 孟 洋 (国立情報学研究所), 佐藤 真一 (国立情報学研究所)

(9) [NL] 深層学習を利用したクイズの選択肢生成手法の提案
〇松田 意仁 (琉球大学 理工学研究科 情報工学専攻), 赤嶺 有平 (琉球大学 工学部), 根路銘 もえ子 (沖縄国際大学 経済学部)

(10) [NLC] 生命のデジタル進化が言語を生み出した ~ デジタル言語の法則性 ~
〇得丸久文(著述業)

12月2日 (木)

[10:30-12:00] 言語学習
(11) [NL] 第二言語学習者にとっての語の難しさ推定に基づく教師なし自動リーダビリティ判定
〇江原 遥 (東京学芸大学)

(12) [SLP] 多言語事前学習と敵対的学習による非ネイティブ英語音声認識
〇森 滉介 (東京工業大学), 篠崎 隆宏 (東京工業大学)

(13) [SP] シャドーイングに基づく言語学習者の英語音声知覚・産出能力に対する多角的評価
〇椢原卓弥・朱 伝博・齋藤大輔・峯松信明(東大)・中西のりこ(神戸学院大)

[12:00-13:00] 昼休憩

[13:00-14:00] 招待講演
(14) [NL] NICTにおける自動『同時通訳技術』のご紹介
〇内山 将夫 (情報通信研究機構)

[14:20-16:20] 音声・音響特徴
(15) [SP] スパース表現を用いたEnd-to-End音声認識システムの検討
〇矢崎礼一郎・大木 真(山梨大)

(16) [SP] CQCCを用いた正則化NMFによる音源分離
〇宮島浩平・大木 真(山梨大)

(17) [SP] CRNNを用いた特徴量の正規化による多言語対応感情識別法の高精度化
〇斉 金海・鈴木基之(阪工大)

(18) [SP] 音声の基本周波数の周波数変調に対するピッチ抽出法の線形・非線形・ランダム応答の同時測定について ~ 拡張された時間伸長パルス系列の直交化の応用 ~
〇河原英紀(和歌山大)・榊原健一(北海道医療大)・矢田部浩平(早大)・北村達也(甲南大)・坂野秀樹(名城大)・森勢将雅(明大)

16:40-18:10 深層学習モデル
(19) [SLP] End-to-End音声認識のための粒度の異なるサブワード単位に基づく階層的な条件づけ
〇樋口 陽祐 (早稲田大学), 軽部 敬太 (早稲田大学), 小川 哲司 (早稲田大学), 小林 哲則 (早稲田大学)

(20) [NL] 簡易小型化BERTを利用した日本語構文解析
〇河野 慎司 (茨城大学), 新納 浩幸 (茨城大学)

(21) [NLC] BERTに区間損失を加味した意見対象抽出
〇小早川 健(NHK)

12月3日 (金)

[10:30-12:00] 音声合成
(22) [SP] 感情次元の操作を目的とした声質変換手法の提案
〇向田圭汰・森 大毅(宇都宮大)

(23) [SP] VQVAEによって獲得されたキャラクター演技スタイルに基づく多話者オーディオブック音声合成
〇中田 亘・郡山知樹・高道慎之介・斎藤佑樹(東大)・井島勇祐・増村 亮(NTT)・猿渡 洋(東大)

(24) [SLP] Improving Intelligibility of Synthesized Speech in Noisy Condition with Dynamically Adaptive Machine Speech Chain
〇Novitasari Sashi (Nara Institute of Science and Technology/RIKEN AIP), Sakti Sakriani (Japan Advanced Institute of Science and Technology/Nara Institute of Science and Technology/RIKEN AIP), Nakamura Satoshi (Nara Institute of Science and Technology/RIKEN AIP)

[12:00-13:00] 昼休憩

[13:00-14:20] (25) 国際会議参加報告 (INTERSPEECH/EMNLP)
EMNLP会議報告 馬越 雅人(京都大学) 小林 悟郎(東北大学)
※12/8 報告者の方々のご厚意により,国際会議報告の資料をアップロードしました.

[14:40-16:40] データ拡張・ラベリング
(26) [NL] BERTのMaskしないMasked Language ModelによるData Augmentation
〇有田 智也 (金沢工業大学), 松井 くにお (金沢工業大学)

(27) [SLP] 音声認識のデータ拡張のための合成音声の周波数スペクトログラム強調
〇上乃 聖 (京都大学大学院情報学研究科), 河原 達也 (京都大学大学院情報学研究科)

(28) [NL] テキストのみを用いたIntermediate-CTCコンフォーマーモデルのドメイン適応に関する検討(ディスカッション形式)
〇佐藤 裕明 (日本放送協会放送技術研究所), 小森 智康 (日本放送協会放送技術研究所), 三島 剛 (一般財団法人 NHKエンジニアリングシステム), 河合 吉彦 (日本放送協会放送技術研究所), 望月 貴裕 (日本放送協会放送技術研究所), 佐藤 庄衛 (日本放送協会放送技術研究所), 小川 哲司 (早稲田大学)

(29) [NLC] マルチラベル分類における共起情報を用いたラベル平滑化手法
〇安田有希・石渡大智・宮﨑太郎・後藤 淳(NHK)

[16:40-17:00] クロージング

==========================================================

●予稿集
どちらの研究会の予稿集もNL/SLP研とNLC/SP研の原稿が含まれます.

●発表時間予定: 一般講演形式 1件30分(発表20分、質疑10分)、ディスカッション形式 1件30分(発表10分、議論20分)、ショート形式 1件20分(発表10分、議論10分)

●表彰制度
各研究会それぞれに表彰制度が存在します.それぞれの研究会の申し込み
システムで申し込まれたものがその研究会での選考対象となります.
・NL研:研究会に投稿された予稿の中から特に優れたものを優秀研究賞として、また、
筆頭著者が年度開始時点で30歳未満または(社会人博士も含む)学生である発表を対象に
研究会参加者による投票に基づき優れたものを若手奨励賞として表彰する予定です.

●参加費について
SP、SLP、NL、NLCは合同開催ですので、申込先または主目的で参加する
1つの研究会の参加費をお支払いください.

★研究報告のペーパーレス化
本研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告の配布を行い
ません.また,特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間
早まりますので,ご留意ください.

※自然言語処理研究会に登録されている方
研究報告は研究発表会の1週間前に電子図書館と当日閲覧用サイトで公開
します.
情報処理学会電子図書館(情報学広場)
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/ (ユーザ登録が必要です)

当日閲覧用サイト
http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/

※自然言語処理研究会に登録されていない方
当日閲覧用サイトにアクセスできるようにいたします.
なお,当研究会にご登録頂くことで,
本研究会の資料をバックナンバーも含めて電子図書館で購読できます.
登録されていない方は,是非この機会に研究会に登録してください
(登録まで最大3日かかりますのでご留意ください).

★研究会への登録をお勧めします
年に2回以上の参加を見込まれる方は,研究会に登録される方が(ほぼ)
お得になります.研究会登録は以下のウェブサイトから行えます.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/toroku.html

●本シンポジウムに関する問い合わせ先:
(SP/SLP) 増村 亮(日本電信電話株式会社)
(NLC) 光田 航 (日本電信電話株式会社)小早川 健 (NHK)
(NL) 吉野 幸一郎(理化学研究所)
(nl-sympo[AT]pluto.ai.kyutech.ac.jp宛のメールは,上記の幹事団全員に届きます.)

===================================
★NL研究会幹事団
主査:
 関根 聡    理化学研究所

幹事:
 内海 慶    株式会社デンソーアイティーラボラトリ
 内田 ゆず   北海学園大学
 木村 泰知   小樽商科大学
 古宮 嘉那子  東京農工大学
 笹野 遼平   名古屋大学
 須藤 克仁   奈良先端科学技術大学院大学
 横野 光    明星大学
 吉野 幸一郎  理化学研究所

運営委員:
 石垣 達也   産業技術総合研究所
 江原 遥    東京学芸大学
 大内 啓樹   奈良先端科学技術大学院大学
 亀甲 博貴   京都大学
 小林 暁雄   農業・食品産業技術総合研究機構
 斉藤 いつみ  日本電信電話株式会社
 佐々木 稔   茨城大学
 渋木 英潔   株式会社BESNA研究所
 田中 リベカ  お茶の水女子大学
 田村 晃裕   同志社大学
 成松 宏美   日本電信電話株式会社
 西田 京介   日本電信電話株式会社
 羽鳥 潤    株式会社 Preferred Networks
 増村 亮    日本電信電話株式会社
 松林 優一郎  東北大学
 馬緤 美穂   ヤフー株式会社
 水本 智也   フューチャー株式会社
 三輪 誠    豊田工業大学
 森田 一    富士通株式会社
 谷中 瞳    東京大学
 吉川 克正   東京海上ホールディングス株式会社
 吉永 直樹   東京大学 生産技術研究所
 鷲尾 光樹   東京大学

情報処理学会 第251回自然言語処理研究会(音声言語および自然言語処理シンポジウム) 発表募集

音声言語および自然言語処理シンポジウム2021発表募集

発表申し込みを 10/15(金) まで延長しました。

第23回音声言語シンポジウム(SP/SLP)兼第8回自然言語処理シンポジウムを12月1日(水),2日(木),(3日(金))に開催します.1999年より開催されている音声言語シンポジウムと,2014年から行っている自然言語処理シンポジウムの合同シンポジウムとなっている本シンポジウムでは,毎年,音声言語および自然言語処理に関する招待講演等の企画と多くの一般発表が行われ,盛況なイベントとなっています.

●日程: 2021年12月1日(水),2日(木),(発表件数に応じて3日(金))

●会場: オンライン (ビデオ会議システムとしてZoomを利用予定)
※ オンライン発表でも大勢の聴講者から有益なコメントが得られます.
皆さまの投稿をお待ちしています.

●発表申込締切: 2021年 10月11日(月) 10月15日(金)

●原稿締切: 2021年11月1日(月) ※厳守

●主催
 電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)
 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)
 情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)
 情報処理学会 自然言語処理研究会(NL)

●協賛
 IEEE Signal Processing Society Kansai Chapter

今年も昨年に引き続き,四研究会合同プログラムを企画しております.また,それにふさわしい招待講演セッションも予定しております.招待講演として,機械翻訳,音声翻訳に関する内山 将夫様(情報通信研究機構)のご講演,IEEE Fellow となられた中谷 智広様(日本電信電話株式会社)の記念講演を予定しております.

音声認識・音声合成・音声対話・感情音声・音声インタラクション・音声分析・対話言語処理・応用システムなど,音声言語処理に関する幅広い分野の発表,また,自然言語処理の学術的な発表をはじめ,テキストアナリティクスの応用事例や,今後の研究提案や問題提起などのポジションペーパーまで自然言語処理についても広く募集します.研究のスタートアップ段階の発表も歓迎です.

また,関連イベントとして本イベントの直前に人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第93回研究会「第12回対話システムシンポジウム」が開催されます(11月29日,30日).合わせて参加をご検討下さい.

https://jsai-slud.github.io/sig-slud/93th-sig.html

●発表時間予定: 一般講演形式 1件30分 (発表20分,質疑10分)

※ 発表時間の調整について従来の一般講演形式(発表20分,質疑10分)に加えてショート形式(発表10分,質疑10分),討議形式(発表10分,質疑討論20分)など,発表者からの要望に応じて発表の合計時間を調整します.アイデアレベルの研究の紹介や,研究の詳細まで話したいので時間がほしい,などの要求を発表申込の備考欄にご記入いただければ,それらを考慮してプログラムを作成します.ぜひご活用ください.

●発表申込先
SP,SLP,NL,またはNLC研究会へ発表申込を行います.それぞれの研究会の発表申込方法は以下をご覧ください.

●SP・NLCへ申し込みの方はこちら

発表申込みは,電子情報通信学会 研究会発表申込システム
SP研究会: http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SP
NLC研究会: http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=NLC
より,開催回の「発表申込受付中」リンクからご記入・送信ください.
研究会への投稿に関するご案内・方法・FAQ は
https://www.ieice.org/jpn/kenkyuukai/toukou.html
にございますので合わせてご覧ください.

SP/NLC研究会では,発表の予稿は6ページ以内,日本語・英語いずれによる記述も可です.発表形態・選奨については,追ってご連絡いたします.

○音声研究会では若手研究者(35才以下)の優秀発表に対して,音声研究会研究奨励賞を設けさせていただいております.2019年度末時点で35才以下の発表者(第一著者)の方は,音声研究会研究奨励賞の選奨対象となります.選奨対象である場合は,上記申込システムによる入力時,研究会アンケートの研究奨励賞の欄にチェックを入れて下さい.

○NLC研究会へ申し込まれた場合は,NLC研究会2021年の優秀研究賞・学生研究賞の選考対象となります.

●SLP・NLへの申し込みの方はこちら

SLP:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLP/
NL:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/NL/
(研究会ホームページからもアクセスできます)

○SLP研究会企業賞
本研究会のダイヤモンドレベル企業スポンサー名をお借りして,1月〜12月までに行われた研究会で業績の優れた発表,あるいは将来性のある発表を行った学生に企業賞を授与します.選考対象となるのは,以下の発表です.SLP研究会に第1著者として発表を申し込み,発表時において博士学生,修士学生,もしくは学部生であり,当日実際に発表を行った者.
詳細URL: http://www.ipsj.or.jp/award/slp-award2.html選考対象となる場合は【研究会への連絡事項】の欄へ「SLP研究会企業賞対象発表」と記入してください.
※さらにSLPへ申し込まれた場合は,自動的に山下記念研究賞の選奨対象となります.

○優秀研究賞(NL研のみ)
研究会に投稿された予稿の中から特に優れたものを優秀研究賞として表彰する予定です.

○若手奨励賞(NL研のみ)
年度開始時点(4月1日)で30歳未満,あるいは学生(社会人博士含む)方を対象と して,研究会参加者の投票によって選考します.

●参加費について
SP/SLP/NL/NLCは共催・連催となっておりますが,プログラム上は混合です.申込先または主目的で参加する1つの研究会の参加費をお支払いいただければ,すべてのプログラムに参加可能です.
※電子情報通信学会の申し込みサイトには,「掲載料」との記述がある場合がありますが,掲載料はかかりません.ただし,当日参加される発表者にも参加費をお支払い頂きます.
なお,何らかの事情でWeb からのお申込みができない場合は,問い合わせ先まで E-mail でご連絡下さい.

●本シンポジウムに関する問い合わせ先:
(SP/SLP) 増村 亮(日本電信電話株式会社)
(NLC) 光田 航 (日本電信電話株式会社)小早川 健 (NHK)
(NL) 吉野 幸一郎(理化学研究所)
(nl-sympo[AT]pluto.ai.kyutech.ac.jp宛のメールは,上記の幹事団全員に届きます.)

★研究報告のペーパーレス化
本研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告の配布を行い
ません.また,特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間
早まりますので,ご留意ください.

※自然言語処理研究会に登録されている方
研究報告は研究発表会の1週間前に電子図書館と当日閲覧用サイトで公開
します.
情報処理学会電子図書館(情報学広場)
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/ (ユーザ登録が必要です)

当日閲覧用サイト
http://www.ipsj.or.jp/sig-reports/

※自然言語処理研究会に登録されていない方
当日閲覧用サイトにアクセスできるようにいたします.
なお,当研究会にご登録頂くことで,
本研究会の資料をバックナンバーも含めて電子図書館で購読できます.
登録されていない方は,是非この機会に研究会に登録してください
(登録まで最大3日かかりますのでご留意ください).

★研究会への登録をお勧めします
年に2回以上の参加を見込まれる方は,研究会に登録される方が(ほぼ)
お得になります.研究会登録は以下のウェブサイトから行えます.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/toroku.html

★受け付けは先着順で行なっております
多数のお申し込みを頂いた場合,次回の研究会にまわって頂くよう
お願いする場合があります.なるべく早めにお申し込み下さい.

★締め切り後の発表キャンセルは原則としてできません
発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合は,至急ご連絡ください.
発表申込後,原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない場合には,幹事団の
判断により発表を取り消しさせていただくこともあります.

★論文提出締切後の原稿差し替えはできません
論文提出締切後は,訂正版のアップロードやウェブ上での配布などの原稿
差し替えは一切できませんので,予めご留意ください.
※正誤表の掲載が可能な場合がありますのでご相談ください.

===================================
★NL研究会幹事団
主査:
 関根 聡    理化学研究所

幹事:
 内海 慶    株式会社デンソーアイティーラボラトリ
 内田 ゆず   北海学園大学
 木村 泰知   小樽商科大学
 古宮 嘉那子  東京農工大学
 笹野 遼平   名古屋大学
 須藤 克仁   奈良先端科学技術大学院大学
 横野 光    明星大学
 吉野 幸一郎  理化学研究所

運営委員:
 石垣 達也   産業技術総合研究所
 江原 遥    東京学芸大学
 大内 啓樹   奈良先端科学技術大学院大学
 亀甲 博貴   京都大学
 小林 暁雄   農業・食品産業技術総合研究機構
 斉藤 いつみ  日本電信電話株式会社
 佐々木 稔   茨城大学
 渋木 英潔   株式会社BESNA研究所
 田中 リベカ  お茶の水女子大学
 田村 晃裕   同志社大学
 成松 宏美   日本電信電話株式会社
 西田 京介   日本電信電話株式会社
 羽鳥 潤    株式会社 Preferred Networks
 増村 亮    日本電信電話株式会社
 松林 優一郎  東北大学
 馬緤 美穂   ヤフー株式会社
 水本 智也   フューチャー株式会社
 三輪 誠    豊田工業大学
 森田 一    富士通株式会社
 谷中 瞳    東京大学
 吉川 克正   東京海上ホールディングス株式会社
 吉永 直樹   東京大学 生産技術研究所
 鷲尾 光樹   東京大学

情報処理学会 第250回自然言語処理研究会 参加募集

●日程: 2021年9月28日(火) 9:55-16:00 (1日のみの開催に変更しました)
●会場: オンライン(Zoom)

●参加申し込み(9/20頃の開始予定です):
参加を希望される方は情報処理学会マイページの「会員メニュー」->「イベント一覧・申込」より参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能).
非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.

参加申込をしていただくと,会場のURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.
参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

学会サイトの「イベントに参加申込される方へ」もご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/member/event_moshikomi.html

●参加費:
NL研究会登録者:無料
情報処理学会ジュニア会員:無料
情報処理学会正会員、賛助会員、名誉会員:1,500円
情報処理学会学生会員:500円
情報処理学会非会員(一般):2,500円
情報処理学会非会員(学生):2,500円

●問い合わせ先:
横野光(明星大学) hikaru.yokono -at- meisei-u.ac.jp

===================================
プログラム
(◎は若手奨励賞対象,○は発表者)

9月28日(火)
[9:55-10:00] オープニング
[10:00-11:30] 言語分析・評価
[11:30-13:00] 昼休み
[13:00-14:30] 言語モデル
[14:45-15:45] 生成
[15:45-16:00] クロージング

9月28日(火)
[10:00-11:30] 言語分析・評価
(1) 日本語、英語、韓国語の歌に見られる比喩表現の特徴
戸部 夏乃, ○西口 純代(小樽商科大学)

Apple Musicでトレンドになっている曲を中心に聴いて、比喩表現を見つけられた曲の中から日本語、韓国語、英語各50曲を抜粋し、歌詞の中の比喩表現をいくつかまとめた。比喩表現の分け方として、直喩、隠喩、擬人法、また知識を要するものの4つに分けた。日本語においては、(~みたい、~のようだ)韓国語は(마치~같아, 처럼)英語では、(~like)といった表現がついているものを直喩として判断した。また知識においては、“life is a journey”のようなformula(方式)を含んでいる。3言語を通じて隠喩が一番多いが、韓国語と日本語のそれぞれの割合は大体同じになっている。英語においては2言語より、隠喩の割合が高く、擬人法と直喩の割合が少ない。日本語では英語韓国語と異なり、君、僕といった(人)を比喩する言葉が少ない。韓国語では春夏秋冬、天気、朝、夜、身体、過去、現在、未来、時間といった多くの人が理解できるであろう共通の単語が比喩表現として多く出てきているように思われる。

(2) 精神疾患の診断補助のための自伝的記憶の詳細度による分類
◎○大柳 慶悟, 武田 浩一, 笹野 遼平(名古屋大学), ハルフォード デイビッド(ディーキン大学), 高野 慶輔(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン)

自伝的記憶 (Autobiographical Memory) とは,過去に自身が体験したことについての記述である.自伝的記憶の分析は,アイデンティティ形成支援,コミュニケーションの補助からブランド構築などさまざまな分野で利用されている.特に抑うつ等の精神疾患がある人はこれを詳細に記述することが難しいことが知られており,このような特徴から Autobiographical Memory Test (AMT) を行うことで自伝的記憶を記述させ,詳細度によって分類することで精神疾患の診断の補助とすることができる.本研究は診断の補助・自伝的記憶の分析に利用することを目的とし,この自伝的記憶を詳細度によって自動的に分類する.10000件の自伝的記憶の記述を用いた実験を通して,BERT等の言語モデルを用いることで先行研究を大きく上回る分類精度を達成できることを示す.また,モデルの出力から判断が難しい記述の特徴を調査し,自伝的記憶の詳細度の望ましい分類基準について考察する.%詳細度のより明確な定義について考察する.

(3) 抽出型複数文書要約における文順序を考慮した評価
◎○藤田 正悟, 上垣外 英剛, 船越 孝太郎, 奥村 学(東京工業大学)

抽出型要約は元の文書において重要度が高い文を抽出し要約として再構成する手法であり広く使われている.その一方,この方法では複数文書を横断して重要文を抽出し要約を構成する際に,抽出された文の順序が適切ではない場合がある.解決策として既存の文並び替えモデルを使って文並び替えを行うことが考えられるが,抽出型要約に適した文並び替えの教師データが存在せず,尚且つ抽出型要約において並び替えを考慮した評価尺度が存在しないという問題がある.そこで我々は抽出型要約に適した文並び替えの教師データの作成手法と抽出型要約を並び替える場合の評価指標を提案する.いくつかのベースラインと比較した結果,我々の評価指標は特に一貫性において人手評価と高い相関を示した.

[11:30-13:00] 昼休み

[13:00-14:30] 言語モデル
(4) 複数のBERTモデルを利用したData Augmentation
◎○高萩 恭介, 新納 浩幸(茨城大学)

自然言語処理の分野における簡易なData Augmentationの手法として,文中の単語をその類義語に置き換えるというものがある.しかし,BERTのような事前学習済みモデルを利用する場合にこの手法を用いても,効果が期待できない.なぜなら,類義語の知識がBERTに既に組み込まれていると考えられるからである.ここでは,タスク処理に利用するBERTとは異なるBERTのMasked Language Modelを利用して類義語を得ることを提案する.この場合,タスク処理用のBERTに組み込まれていない類義語の知識を利用できるために,Data Augmentationの効果が期待できる.実験では,livedoorニュースコーパスを利用した文書分類タスクに対して,提案手法によるData Augmentationを試み,その有効性を示した.

(5) ハンドメイド作品を扱うECサイトに特化したBERTを用いた言語モデル構築に向けた取り組み
◎○酒井 敏彦(GMO ペパボ株式会社/九州大学), 三宅 悠介, 栗林 健太郎(GMO ペパボ株式会社)

自然言語処理の技術は,ECサイトで扱うテキストデータを対象とする,質問応答や商品の分類などのタスクに活用されている.ハンドメイド作品を扱うECサイトにおける自然言語処理の課題は(1) 人手でタスクを解くのは困難,(2) ハンドメイド作品を扱うECサイトの作品が多様, (3) ハンドメイド作品を扱うECサイトの構造的な変化への追従が困難,の3つが挙げられる.本研究では,各課題に対して(1)機械的にタスクを解くことができる,(2)扱う作品が多様であっても作品の特徴を捉えられる,(3)汎用的なモデルからfine-tuningすることで構造的な変化へ追従可能,という理由からBERT+fine-tuningのモデルに着眼した.本報告では,ハンドメイド作品を扱うECサイトの課題を含むタスクのうち,商品分類のタスクにおいて,比較評価を行った.ベースライン手法は従来から一般的に用いられるTF-IDFと分類器を用いた.結果として,上記の課題を解決し,BERT+fine-tuningのモデルがF1-scoreで良い分類性能であることを示した.今後は他のタスクへの応用を検討していく.

(6) Masked Language Modelを用いたReplaced Token Detection型事前学習の汎化性の改善検討
○麻岡 正洋, 坂井 靖文, 笠置 明彦, 田原 司睦(富士通株式会社)

小規模 Masked Language Model (MLM) のGeneratorによる入力の類似文生成と、Generatorが書き換えた場所を推定(Replaced Token Detection, RTD)するDiscriminatorを組み合わせたELECTRAが提案されており、BERTなどの既存手法に比べて同程度の精度を高速に学習できることが報告されている。しかし、我々は日本語ベンチマークにおいてELECTRAの精度が頭打ちになるという事象を観測した。この原因として、RTDが入力を書き換えたか書き換えていないかの2択問題という簡単な問題を解いており、汎化性が低くなるからではないかという仮説を立てた。そこで、我々は回答候補の多いMLMをRTD学習に混ぜることで汎化性を高くすることを試みた。具体的にはGeneratorが書き換えた文に再度マスクをして、Discriminatorにマスクをした箇所はMLMとして、マスクをしていない箇所はRTDとして学習する方法を提案する。この方法によって、RTDの事前学習モデルの精度を向上できるかどうかを検証した。

[14:45-15:45] 生成
(7) 主題性にもとづく雑談対話システムの構築
◎○吉越 卓見, 児玉 貴志(京都大学), 坂田 亘(LINE株式会社), 田中 リベカ(お茶の水女子大学), 黒橋 禎夫, 新 隼人(京都大学)

人間の対話は、文脈中に出現した語句のうち、その場において最も意識の向いた話題に沿って展開される。本研究では、各語句に向けられる意識の度合いを主題性と呼ぶ。既存の雑談対話システムは、文脈は考慮するが、話題は意識することなく応答を生成する。そのため、話題に沿わない応答をしてしまうことが少なくない。本研究では、主題性の最も高い語句にもとづいて応答を生成することで雑談対話システムが話題に沿った自然な応答をすることを目的とする。この対話システムは、文脈中の主題性の最も大きい語句を推定する主題性推定モジュールと、与えられた語句にもとづいて応答を生成する応答生成モジュールからなる。主題性推定モジュールは、対話データにもとづいた自己教師あり学習により各語句の主題性を定量化し、主題性の最も高い語句を選択する。応答生成モジュールは、与えられた語句が応答に含まれるように生成モデルを学習することで実現する。人手評価により、主題性を考慮した対話システムは、主題性を考慮しないときより自然な応答をすることが確認された。

(8) レーシングゲーム実況生成
○石垣 達也, トピチ ゴラン(産業技術総合研究所),濵園 侑美(産業技術総合研究所/お茶の水女子大学), 能地 宏(産業技術総合研究所/LeapMind), 小林 一郎(産業技術総合研究所/お茶の水女子大学), 宮尾 祐介(産業技術総合研究所/東京大学), 高村 大也(産業技術総合研究所)

本稿では、新たな言語生成タスクとして、レーシングゲーム実況テキスト生成を提案する。このタスクでは、視覚情報としてレーシングゲームの録画映像、言語データとして実況発話、構造化データとして速度、ハンドル角度といった数値データを入力として扱い、視聴者が映像を視聴しながら、レースをより理解し、楽しむための実況テキストを生成する。既存の言語生成研究においては、データセットの欠如が一因となり映像、言語、構造化データといった複数モダリティを同時に考慮する研究が存在しない。実況生成では特に「どのタイミングで発話するか」「何を発話するか」を最低限決定する必要があるが、例えば野球を対象とした既存研究においてはイニングの間に実況を行うなど、発話タイミングがあらかじめ与えられる設定を扱っている。このような背景から、本研究ではまず、映像、構造化データとそれらに対応する実況テキストが対になった大規模データセットを作成し、レース実況の特徴について分析する。分析より、実況テキストの時間および実況者の観る映像の視点の影響を受け、その言語的な特徴が変化することが分かった。次に、実況生成タスクをタイミング同定と発話生成の2つの部分問題に分割しいくつかのモデルを性能評価した。実験より、構造化データの活用は有益である一方、既存の画像分類タスク等で性能が良いとされる画像エンコーダを用いたとしても、本タスクにおいては視覚情報の効果が限定的であり、実況生成タスクが挑戦的な課題であることが分かった。マルチモーダルな言語生成タスクのためのデータセットとして、本研究で作成したデータセットは公開する。

===================================

★研究会幹事団
主査:
 関根 聡    理化学研究所
幹事:
 内海 慶    株式会社デンソーアイティーラボラトリ
 内田 ゆず   北海学園大学
 木村 泰知   小樽商科大学
 古宮 嘉那子  東京農工大学
 笹野 遼平   名古屋大学
 須藤 克仁   奈良先端科学技術大学院大学
 横野 光    明星大学
 吉野 幸一郎  理化学研究所

運営委員:
 石垣 達也   産業技術総合研究所
 江原 遥    東京学芸大学
 大内 啓樹   奈良先端科学技術大学院大学
 亀甲 博貴   京都大学
 小林 暁雄   農業・食品産業技術総合研究機構
 斉藤 いつみ  日本電信電話株式会社
 佐々木 稔   茨城大学
 渋木 英潔   株式会社BESNA研究所
 田中 リベカ  お茶の水女子大学
 田村 晃裕   同志社大学
 成松 宏美   日本電信電話株式会社
 西田 京介   日本電信電話株式会社
 羽鳥 潤    株式会社 Preferred Networks
 増村 亮    日本電信電話株式会社
 松林 優一郎  東北大学
 馬緤 美穂   ヤフー株式会社
 水本 智也   フューチャー株式会社
 三輪 誠    豊田工業大学
 森田 一    富士通株式会社
 谷中 瞳    東京大学
 吉川 克正   東京海上ホールディングス株式会社
 吉永 直樹   東京大学 生産技術研究所
 鷲尾 光樹   東京大学